スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『PORCh』vol.6 マイ ベスト オブ 2nd season アンケート-3

2014年11月26日から12月8日までに募集し、49人の方からお寄せいただいたたアンケートの回答全文です。
●最初から読む●
GMTTill.jpg
※アンケートは、公式団体とは無関係にファンが行うものです。
ご回答内容その他の情報は、他の目的に流用するものではありません。



●印象に残ったエピソード、忘れられないシーン、総評、など「テニミュ2ndシーズン」について


「1stシーズンが終わった頃はもう一巡したら絶対飽きると思っていましたが、2ndを終えるとまだまだ改善して欲しい所や良かったからこそもう一度見たい所が出てきたので、ループして上演し続ける事に前向きな可能性を見いだせたことが良かったと思います。」
「小越勇輝なくしては出来ない、小越勇輝の2ndシーズンだったと思います。それが彼にとって良かったのかと言うとそうではなかったのかもしれないけど 小越勇輝で成り立っていたと思います。全国立海もドリライも泣かなかった彼が好きでした。」
「テニミュ2nd、関東立海から入った組ですが最高のステージの数々だったと思います。テニミュに、2ndに出会えてよかったと心から感じます。」
「4年間越前リョーマを演じ続けた小越さんの存在がとても大きいと思ってます。始まりから終わりまで見届けて駆け抜けていった座長の姿は本当に2ndシーズンにとってかけがえのないものだったと思います。」
「1stの時の時よりさらに演出などがパワーアップしていて、キャストの能力も高いなあと感心させられました。青学人気を取り戻してくれた感がある青学キャストに感謝の気持ちしかありません。
2ndシーズンを最初から見続けられて幸せでした。」
「全国立海公演大千秋楽のS1終了後の立海挨拶です。幸村の涙が、役者とリンクしているようで、感慨深かったです。」
「四天担のつもりだったのにドリライで声が嗄れるほど幸村に声を上げてしまって立海は魔性だと思いました。
立海公演も何度か行きましたが、すこしでも睡眠が足りていない日は頻繁に眠くなってしまって3:40はつらかったです。」
「・六角公演での気迫に満ちたREMEMBER HYOTEI。
 ・DL2013で君臨する加藤和樹。啼泣しながら氷帝コールをし、喉を潰しました(笑)
 ・TSCPP8大阪夜での神永くんによる敗北の背景(神の子が人間になる時、真田と目が合った時に肩の荷が下りたetc)、水石くんと原嶋くんによるダブルスのお話(ぶったおれるほどやってやろーぜ)。
 ・小沼くんの成長スピードが群を抜いてたこと。東京初日から観劇し、大阪、名古屋、凱旋と観劇しましたが、3日空けば別人のような跡部になっていて、毎度大興奮!」

「ファースト四天公演から入ったため、一からテニミュを見直せる!と全公演最低1回は見ようという目標のもと見てきました。(フェアウェル、運動会以外は達成)何と言っても4年間リョーマとして走り続けてきた小越さんは偉大。何かと比べられてしまいますが、どのキャストさんも良い作品を作ろうと精一杯演じていらっしゃったと思います。3rdの発表時期やキャストさんの問題など運営側に色々と不安はありますが、ここまで歴史を築いてきた運営、スタッフ、キャストさんを信じて今後も追いかけて行きたいです。
印象に残っているのは、まずは関東氷帝でのリョーマの生着替えシーン。あそこで小越さんが好きになりました。全国氷帝での鳳宍戸ダブルスの曲ができたこと。全国立海大楽での幸村の涙です。立海は思い入れが強く、ドリライ2014大楽の立海校歌から日替わりネタで人目もはばからず号泣しました。今後のキャストさんの活躍にと3rdに期待!」
「関東立海公演大千秋楽の小越勇輝の涙です。2nd通してあの一度しか涙していないというのもとても感慨深いです……。」
「1stシーズンが終わった頃はもう一巡したら絶対飽きると思っていましたが、2ndを終えるとまだまだ改善して欲しい所や良かったからこそもう一度見たい所が出てきたので、ループして上演し続ける事に前向きな可能性を見いだせたことが良かったと思います。」
「テニミュ2nd、関東立海から入った組ですが最高のステージの数々だったと思います。テニミュに、2ndに出会えてよかったと心から感じます。」
「4年間越前リョーマを演じ続けた小越さんの存在がとても大きいと思ってます。始まりから終わりまで見届けて駆け抜けていった座長の姿は本当に2ndシーズンにとってかけがえのないものだったと思います。」
「1stの時の時よりさらに演出などがパワーアップしていて、キャストの能力も高いなあと感心させられました。青学人気を取り戻してくれた感がある青学キャストに感謝の気持ちしかありません。2ndシーズンを最初から見続けられて幸せでした。」

「全国立海公演大千秋楽のS1終了後の立海挨拶です。幸村の涙が、役者とリンクしているようで、感慨深かったです。」
「四天担のつもりだったのにドリライで声が嗄れるほど幸村に声を上げてしまって立海は魔性だと思いました。
立海公演も何度か行きましたが、すこしでも睡眠が足りていない日は頻繁に眠くなってしまって3:40はつらかったです。」

「・六角公演での気迫に満ちたREMEMBER HYOTEI。
・DL2013で君臨する加藤和樹。啼泣しながら氷帝コールをし、喉を潰しました(笑)
・TSCPP8大阪夜での神永くんによる敗北の背景(神の子が人間になる時、真田と目が合った時に肩の荷が下りたetc)、水石くんと原嶋くんによるダブルスのお話(ぶったおれるほどやってやろーぜ)。
・小沼くんの成長スピードが群を抜いてたこと。東京初日から観劇し、大阪、名古屋、凱旋と観劇しましたが、3日空けば別人のような跡部になっていて、毎度大興奮!」
「2014大運動会の障害物競走で、日吉が鳳のラムネを奪って、先に行け!っとやったところ。キャラクターとして日吉がかっこよくおもえて、今でも思い出すとドキドキします~。」
「氷帝D1好きなので、全国氷帝初日に「誰にも見えない糸」がきたときは震えたのを覚えています。待ち望んでいた氷帝D1曲、すばらしいダブルスの曲、ほんとうにうれしかった!」
「原嶋元久くんの演技力、本当に尊敬します。テニミュがなかったら私は彼に出会えませんでした。
赤也んのデビル化の演技を忘れることなんて出来ません。
あと、天衣無縫の小越くんの笑顔も印象に残ってますし、神永くんの「テニスを楽しむだって・・・??」みたいな台詞も印象的でした。」

「12年秋の『Farewell Party』での、「代替わり」の一場。キャスト個々、という以上に、私たちがテニミュという「スターシステム」のダイナミズムに魅せられているんだ、ということを実感して、鳥肌が立ったものです。新人が旧人に花を手向け、その夢を伝承していく・・・という、大相撲の断髪式や宝?のトップ退団公演にも通じる重厚な美学がそこにはありました。キャスト個人を熱心に応援する手合いのファンからは厳しい批判を浴びたシーンでしたが、私はあれはあれで重要な儀礼だったと思うし、テニミュの名に恥じず、美しく格好良く作られていた名シーンであったと思います。」
「ハマったのが終わりそうな頃だったので、1stは生で見たことはありませんが、2ndは1stもいいところを引き継ぎつつ新しいことに挑み続けていたような印象を受けます。
唯一残念なのは聖ルドルフと山吹が同じ公演だったこと。別々の公演でもっと深く描いてほしかったことです。
でも新しい曲やキャストごとに異なるキャラの解釈など素敵なところの方が多かったと思っています。
キャストの代替わりも少なく、キャラを愛してくれす素敵なキャストを選んだ制作陣がこの先も続投してくれるということで3rdも期待しています。」

「DreamLive2014千秋楽の一直線の真逆?で達成が泣いたこと。本公演千秋楽でもそこまで泣いていなかった気がするので、まさか達成が泣くとは思わなくて驚いた。」
「全国氷帝公演のS1前の慈郎as赤澤燈くんの日替わりが無ければここまでテニミュにはまることもなかったと思います…。本当に癒されたし笑ったし励まされたし、公演的にも良いインターバルになってたし、本当に大好きです。」
「全国氷帝仙台公演で長太郎がネックレス引きちぎったのが印象的でした…宍戸さんへのあつい思いを感じました!
自分はほぼ2ndから入ってようなものなので、最初から最後まで追うことができて楽しかったです。1stを知らないからこそ全部楽しめたのかもしれません。地方住みにはつらい握手会イベントやら山手線ポスターやら色々ありましたが、アニメイトDVDイベントや映画祭で地方にも還元してくれて嬉しかったです。公演に関してはこの曲は残してこれ新しくするの!?とか内容を1公演に詰め込みすぎてる感、公演と公演の間が短くて金銭的にも体力的にも辛かったですが、この早さだったから全て追いかけられたのかなぁと思っています。最後のドリライも3rdがあるからかあまり悲壮感なく終われたのかなぁと感じました 楽しい2ndシーズンだったと思います。」
「私がテニミュにはまったのは、テニミュ2ndシーズンからでした。特に、テニミュ2ndシーズンを大きなけがもなく、引っ張ってくれた、駆け抜けてくれた、小越勇輝君には本当に感謝しています!小越君がいなかったら、こんなにテニミュを好きにならなかった。」
「四天大楽の白石のエクスタシーがめちゃよかったこと。」
「関東立海のさむらいの時に青学ベンチで泣いていた人がちらほらいた事と全国立海でファンの皆が泣いているところに笑かしてくれた安西の存在は最高でした。」
「2ndシーズン関東氷帝から生で観劇し始めました。なので2ndのキャストにはとても思い入れがあり(特に氷帝・立海・四天)、初めてドリライ2014でキャストの卒業を体験しとても寂しく思います。
2ndをきっかけにキャストが出ている他の舞台を見に行くようになり、たくさんの出会いを思い出を貰った2ndシーズンは自分にとってかけがえのないものになりました。
ただ、演出については不満が多いです。
六角・比嘉・四天など明るい雰囲気の公演はまだいいのですが、
立海・氷帝等シリアスな場面が多い公演では、必要のないギャグシーンで緊張感を欠けさせる等理解できない演出が多かったです。
(一番酷いと思ったのは関東立海の出だしで六角のギャグシーンを入れたことです。あそこは最初に王者立海のシルエットが出るからこそ王者の強さ観客に印象づけられるのに…)
3rdシーズンでは演出の改善に期待したいです。」
「最初から完璧でびっくりした。そのせいか、失敗や音程はずすだけで悪目立ちしてしまっていた。バクステとかで、キャストが皆いい子ばかりで、印象が薄い反面、より2.5次元を体感できた。」
「跡部景吾さえおがめればなにもいうまい。」
「FarewellのROADで六代目から七代目へバトンを渡すシーンが忘れられない。」
「握手会で原嶋君に「ドリライでは天使でしたね!何か悪魔っぽいこと言ってください!」と言ったら握ってる手を自分の近くに引き寄せて「もう帰っちゃうの…?寂しいな…」と言われて、私の魂がアデューしそうになりました。原嶋君、それ悪魔じゃなくて小悪魔や……。」
「越前リョーマ役の小越くんが、ほんとにリョーマのようでした。でも、関東立海の6代目青学メンバーのみの卒業で泣いてしまったときのような面もあって、毎回毎回惹かれてました。全国立海でもドリライ2014でも最後まで笑顔でやりきった彼はとっても大きな存在でした。
2nd立海は、公演以外ドリライやファンイベントでも原作の設定をとても大切にしたやりとりをメンバー間でも行ってたと思いました。1stから見ていた私でどの代の立海も好きでしたが、2ndの方は「これが立海だ!」と思わせてくれるくらい、完成度が高かった!全立での最後の幸村くんの悔し涙は演じていたキャストさん自身のものだけでなく、「幸村」というキャラクターとしてのテニスを楽しむよりも重きに置いていた常勝が崩れて自分のテニスが否定されたこと、負けてしまったことに対しての涙だと感じました。2ndテニミュは本当に完成度高かった!」

「最後の本公演、全国立海でも、ドリライ2014大千秋楽でも泣かなかった小越勇輝が唯一見せたSEIGAKU Farewell partyでの涙が忘れられません。」
「先代の存在が大きすぎる役ばかりだったので、最初は受け入れられないことも多々ありましたが、今は2ndのキャストが大好きです。さいたまスーパーアリーナの綺麗な景色は観客としても忘れられない景色になりました。あの景色が2ndキャストの成果だと思います。たくさんの感動をありがとうございました。」
「6代目青学の卒業 空席ばかりだった2nd初期からずっと地道にがんばってきて、最後はたくさんのファンに見守られての卒業。関東立海大千秋楽での堀尾役桝井くんの挨拶には泣かされました。
全国氷帝大千秋楽 約1年半ぶりに本公演に戻ってきた氷帝メンバー、関東大会から誰ひとり欠けることなく戻ってきてくれました。部長の青木君の挨拶にもぐっと来ましたし、アンコール中おそらくサプライズで「\氷帝最高!/」コールをしたことは本当に感動的でした。」
「大運動会2014がすごかったと聴いて、dvdを買ってはまりました。その勢いでファンクラブに入りドリライに行きました。本当に夢のようで未だに終わった実感がありません。怒涛の数ヶ月でした。森や内村といった原作ではあまり掘り下げられないキャラにもキャストがついていて良かったです。」
「先日のドリライでの、手塚・リョーマによる高架下の歌が聴けたことがとてもよかったです。また、今回のドリライは1st最後のドリライ7とはちがって、繋いでいくということが意識されていたのかなと思いました。7との最も大きな違いは今後もテニミュが続いていくことがすでに発表されていたことだと思います。キャストからもさみしい空気にはさせず、笑顔でおわろう!という雰囲気が感じられたし、明るい希望とともに送り出してくれる今回のドリライがすごく好きでした。」
「印象深いエピソードは小越さんと三津谷さんのビビリ部屋です(笑)2人ともかわいいな、と。
個人的な思い出は全国氷帝名古屋初日に大雨で電車が止まって2部からはいったことです…まさにあれこそベビーレイン…。忘れられないシーンは関東立海大千秋楽でのGoodbye todayで小越さんの涙を見たことです。超プロ意識の高い小越さんの涙を見たのはあれ1度きりです。本当に6代目のことが好きなんだなぁと嬉しく思いつつ映画館で号泣したのはいい思い出です。
すごく楽しかった2ndシーズンですがTSCPPを名古屋でやってくれたらよかったなぁ(笑)」

「リョーマ以外が途中で総入れ替えしたこと。」
「たくさんありますが「テニスは俺 俺はテニス」
が、(リョーマ・小越勇輝に限らず)2ndシーズンの一つのテーマだったのではないかと思います。」



49名のみなさま、ご協力ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TERMINAL編集部

Author:TERMINAL編集部
TERMINALは、「テニミュ」以降の若手俳優とその周辺-《ジェネレーション 2.5》を共有する舞台についてかんがえちらかしてるあつまりです。 ファンZINE『PORCh』を年に数回発行しています。
twitter @terminal_porch で、最新のお知らせをしています。

TO TERMINAL
『PORCh』へのへのご意見ご感想、また執筆・参加してみたいテーマ、などありましたら、お気軽にお寄せください。 論考、コラム、エッセイ等、随時募集中です。 terminalporch■gmail.com(■→@)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。